アラサー女のライフ・シフト実践記

人生のウマミを味わい尽くす

ほめ上手な外国人彼氏にも負けない、心に響くほめ言葉をつくる3つの方法。

みなさん、パートナーのこと、ほめてますか?

私は今では彼をよくほめますが、昔は出し惜しみぎみでした。恥ずかしくて言えなかったってのもありましたが、言わなくても心の中で尊敬してれば伝わるかなって思ってました。でも、ある程度恋愛して、特に国際恋愛して、身にしみました。

言わなきゃ伝わらない(ノω<。)ってのが。

 

私の遠恋中のアメリカ人の彼もほめ上手なのですが、互いをよくほめる関係は、簡単には壊れません。

ほめ言葉は、感謝の言葉と同様に、「私はあなたのことを当たり前と思っていない」と伝えるためのメッセージであり、パートナーとの関係を新鮮に保つための酸化防止剤なのです。

 

じゃあ、ほめ上手な彼の心にも響くほめ言葉とは?それは、単に相手のエゴを満たすためじゃなくて、その人の自信になるようなほめ言葉だと思います。

私の基本は、“Compliments that he deserves”(彼が受けるに値するほめ言葉)をあげること。

「男性が言われて嬉しいこと」をgoogle先生に聞く前に、彼をよく見る。そして、彼のいいところを、私が伝えることで、彼自身に再認識してもらう。

そんなほめ言葉を作るための、基本的な3つの方法です。

 

1. Specific(具体的)にほめる

具体的にほめられると、自分のことちゃんと見てくれてるんだな〜ってのが伝わりますよね。

例えば、私が彼の表現力をほめたときのお話をしますね。

私は、彼が私への気持ちを表現してくれるときの言葉が好きなんです。のろけになってしまうんですが、遠距離恋愛のときには、

“Baby my mind misses your mind and my body misses your body”

というような、知的でセクシーなメッセージをくれたりしたのです。

で、私はその想いを、

「I really like your words when you describe your feelings.」

と彼に伝えました。

すると彼は、

「Dear that is an incredible compliment. Youre also very expressive. I think a lot about my words to you, it feels so good that you notice.」

と返答してくれました。

“I like your words.”だけでもいいのですが、ちょっと漠然としてますね。彼は普段から言葉を使うのが上手なので、他の人でも言えちゃいそうです。

”when you describe your feelings”と、特定のことを指定することで、私だから言えるほめ言葉になる。彼が自分の気持ちを一番多く伝えているのは私なので。彼の反応を見ての通り、大成功でした!

具体的にほめようとすると、相手の細かい良いところも探そうとするので、いつでもほれ直すことができますね。

 

2. 違う視点からほめる

例えば、筋肉ムキムキで男らしい人をほめる場合。「男らしくてかっこいい」など、視覚的にすぐわかることをそのまま伝えてほめることが多いですよね。

ここで違う視点とは、どうやってその体型を手に入れることができたのかに注目すること。例えば、「その体型を維持するためのトレーニングを続けられること、自分を律することができること」をほめる。”I admire your discipline to keep in shape.”みたいに。

相手自身でも気づいていなかった長所を、認識させることができるかもしれない。すぐには見えない相手の長所に気づく想像力を身につけて、自分も成長しちゃいましょう。

 

3. YouメッセージとIメッセージ

例えば、“You’re so smart. I love that I can learn so much from you.”というほめ言葉。

最初の”You’re so smart.”は、”You(あなた)”を主語にしたメッセージ。次の”I love that I can learn so much from you.”は、”I(私)”を主語にしたメッセージ。このIメッセージで、「自分が相手からポジティブな影響を受けたこと」を伝えるんです。Youメッセージがお世辞に聞こえそうなものであっても、Iメッセージを添えることで、genuineな(本音の)ほめ言葉になる。

Iメッセージって、ほめること以外にも使える話し方なんです。このIメッセージが相手に響く理由の一つは、「あなたは私に影響を与えることができる」と伝えるからだと思うんです。そしてそれは、「あなたに対して私はvulnerable(無防備)です」と伝えること。相手を尊敬し、信頼しているから、無防備でいられる。強がらずに素直な自分の想いをさらけ出すから、表面的ではない言葉になる。

 

この3つの方法で、ぜひ意識的に大事な人をほめてください。明日か何十年後かは分からないけど、いつか必ず来る別れのときまで愛を続けるには、意識的に愛することです。ほめることは、愛する技術の1つ。どんどんGIVEするべし!

 

アメリカ人彼にも聞いてみた

ほめることについて、彼に意見を聞いてみました。

 

The heart of romance is noticing something about a person - the most genuine compliment is that someone has genuinely thought about you. Appreciating somebody’s characteristics is something you should do habitually, you should develop the habit and learn to love the reward of the smile on her face when you offer a genuine reason why you think she is special.

 

「彼女をほめたとき、彼女の笑顔がごほうびになる」って、ステキな感覚だと思いました。男性って、やっぱり視覚的な生き物だな〜。

女性は彼にほめられたら、謙遜せずに「ありがとう♡」と笑顔で返せばいいんですね。